ふりかけ

Pocket

今日は「ふりかけの日」という記念日だそうです。

ふりかけのルーツって知って、ちょっと感動しました。

大正時代に、当時の日本人のカルシウム不足を補う方法として、魚の骨を砕いてご飯にかけて食べることを考案したのが、熊本県の薬剤師・吉丸末吉という人物だったそうです。

日本人の健康を考えて創りだされた食材だったんですね。

その吉丸さんの誕生日が1887年(明治20年)5月6日だから、この日を「ふりかけの日」と制定したそうです。