東山魁夷

Pocket

ぷっすまで大泉洋が、東山魁夷(ひがしやまかいどう)の「道」と言っていたので、小説かと思ったら、絵画だったんですね。